応急手当ナビ

緊急事態の応急手当!あなたの身に降り掛からないとは限りません! 知って便利な応急処置を理解する事であらゆるリスクにタメになる情報を配信してまいります。

    hutukayoi




    ・二日酔いになってしまったら


    ◇汗をかく

     

    ぬるいお風呂に浸かるか、サウナに入るなどして汗をかくことによって体の代謝を上げて、分解を早めます。

    ただし、泥酔した状態でお風呂に浸かるのは危険なのでやめましょう。

     

     

    ◇水分補給

     

    二日酔い体は水分が不足した状態です。

     

    水やお茶などを飲んで水分補給することが大事です。
    出来ればスポーツドリンクなど吸収されやすい飲み物を選んで、水分補給を行います。

     

     

    ◇糖分の摂取

     

    アルコールを肝臓で分解するためには糖分が必要です。
    飲酒によって体内の糖分が不足すると、頭痛やだるさ、筋肉痛といった二日酔いの原因となります。
    糖分を素早く摂取するために果物がオススメ。
    特に、柿やオレンジが二日酔いには効果的です。

     

     

    ◇カフェインの摂取

     

    二日酔いで辛いのがズキズキとした頭痛。
    辛い頭痛にはカフェインが効果的です。
    カフェインには血管を収縮する作用があります。

     


    hiyake
    だんだんと紫外線が強い時期になってきました。
    よく日傘をさしている光景も目にします。
    女性はとくに日焼けには敏感ですよね。

    また、日本ではまだ日焼けサロンを街で目にしますよね。
    ですが、アメリカ・イギリスなど11ヵ国では日焼けサロンは禁止されています。
    私たち日本人は紫外線に対する危機感が低いのかもしれません。


    もちろん、日焼けをしないのが一番です。
    日焼けをしてしまったら数年後に顔が茶色いしみだらけ・・・
    皮膚がんになってしまう可能性も。

    そんな悲しいことを防ぐために
    アフターケアが重要になってきます。


    【日焼けの応急手当】の続きを読む


    kurage
    気温も上がり海水浴の時期が近づいてきましたね。
    温度も上がり常夏気分を楽しめます。

    しかし、くらげも温度の上昇とともに増えていきます!

    のんびり泳いでいたら、いきなり激痛に襲われた!
    など、毎年よく耳にしますね。
    特に足がつかない深い場所にいると焦ってしまいます。

    いざというときに溺れないよう
    海水浴に行く前にしっかり頭に入れてましょう!

    【くらげに刺された時の応急手当】の続きを読む

    このページのトップヘ