hati



お休みに山へレジャー、子供の遠足など
蜂に遭遇したことがある人は多いと思います。

もし蜂に刺されてしまった時

焦らず行動出来るようにしておきましょう!!


蜂に刺されてしまったら・・・


1 速やかにその場から離れる

姿勢を低くし素早くその場所から離れましょう。

蜂の種類によっては何度も襲ってくることがあります。
10m~20mは離れましょう。

 

 

2 傷を洗い針を抜く

安全な場所まで離れたら、傷口を流水でよく洗い流しましょう。
患部が冷え腫れや痛みが和らぎます。
刺されてから数分以内に洗い流しましょう。
 

毛抜きなどの道具があれば針をを抜きましょう。

 

針が残っていない場合は、傷口の周囲をつまむなどで圧迫し血を絞り出します。
その後もう一度洗い流しておきましょう。

 

 

 

3 傷口に虫さされ薬を塗る

抗ヒスタミン系成分を含むステロイド系軟膏を塗りましょう。

ステロイド成分は、市販の虫さされ薬によく配合されています。

 

 

4 傷口を冷やす

薬を塗ったら、濡れたタオルなどで傷口を冷やしましょう。
温めると血の巡りが良くなるり腫れがひどくなります。

5医師の診察を受ける
刺されてから
2030分経っても強い症状が表れない場合は危険性が低いと考えられますが
自己判断は危険なので、医師の診断を受けることをおすすめします。

 皮膚科を受診しましょう。



山以外にも蜂はいますので
手順を覚えておきましょう!