mimi

お風呂や海で耳に水が入ってしまった経験ありますか?

そんな時ティッシュで水を抜こうとしていた方は

次からはやめましょう!

 
 

正しい耳の水の抜き方を紹介します。

1 耳を下に向けてジャンプする

耳を下にし、何回かジャンプします。

振動で耳から水を出させる方法です。

この方法は水が耳に入った直後・奥深くまで達していない時に効果的です。

 

2 耳を温める

ドライヤーで耳の中を温めてみましょう。

入った水が蒸発しやすくなります。

お風呂に入っている時には、湯船に水が入った方の耳をつけるといいでしょう。

 

3 少し水を入れてみる

あえて水を自分で入れて、耳をかたむけ水を出すことで

奥に入ってしまった水が一緒に出て来やすくなります。

なるべく多めの水入れて、奥に入ってしまわないうちに出すようにしましょう。

一回ではできなくても、何回かやっているうちに、奥に入っていた水も一緒に抜けるようになります。

 

※ティッシュをつめるのは避けましょう

細くコヨリを作ったティッシュを入れる方法はやめましょう。

耳の粘膜はとても弱いので

傷が付いてしまい外耳炎の原因になります。