のど


まずは、顔を横向きにさせて、口を開けて中を調べます。
この時、噛まれないように指にハンカチなどを巻いてケガを防ぎましょう。

子供の頭を胸より低くして、片方の手のひらで胸を支えます。
そして、もう片方の手の手のひらの下のあたりを使って肩甲骨と肩甲骨の間をすばやく4、5回叩きましょう。

万が一意識がないときは、すぐに救急車を呼びましょう!