応急手当ナビ

緊急事態の応急手当!あなたの身に降り掛からないとは限りません! 知って便利な応急処置を理解する事であらゆるリスクにタメになる情報を配信してまいります。

    2015年08月

    当たる


    部活などで球技をやっている人はもちろん、公園でボール遊びをしていたり、
    または、飛んできたボールに当たった時の対処方法です。

    ボールが当たった直後に、さほど痛みがなかったり、動きに支障がなかったりする場合は
    そのままプレーを続行、または当たった部分を冷やしましょう。
    痛みが酷く、歩くことが困難であったり、スムーズに動作が行えない場合は、
    すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

    爪を切る


    深爪をして、出血した場合には、必ず止血をするようにしましょう。
    普段は、ツメに守られている部分なので、細菌に感染しやすい部分です。
    さらに、爪が生えてきた時、そのかさぶたが原因で変な生え方をすることも考えられます。

    出血がある場合はガーゼなどで止血をし、その後消毒をして清潔に保つようにしましょう。

    その後、軟膏を塗り絆創膏やガーゼで保護しましょう。
    特に、足はしっかりと保護するようにしてください。

    大量出血や化膿してしまった場合は、病院へ行きましょう。

    口内炎


    ・しっかりと身体を休める
    疲労やストレスは、身体の免疫力を低下させます。

    ・こまめにうがいや歯磨きをする
    口の中を清潔にしましょう。


    このページのトップヘ