応急手当ナビ

緊急事態の応急手当!あなたの身に降り掛からないとは限りません! 知って便利な応急処置を理解する事であらゆるリスクにタメになる情報を配信してまいります。

    カテゴリ:事故

    うさぎ


    動物園のふれあいコーナーなどで、うさぎやモルモットなどの小さな動物に
    触れる場所が沢山あります。

    おとなしく、主に小動物が多いのですが予期せず噛まれてしまう事があります。
    そんな時の応急処置の方法をご紹介します。

    まずは、噛まれた場所を流水でキレイに洗いましょう。
    消毒液があれば消毒して下さい。
    もしも、出血している場合には清潔なハンカチやガーゼで強く押さえましょう。

    念のため、病院受診をお勧めします。

    骨折


    もしも骨折してしまった時には、早く病院に行きましょう。

     

    病院に行く前の応急処置で、その後の症状を軽くする事が出来ます。

     

    まずは、骨折の可能性があるかどうかをチェックします。

     

    ・動かせない程の強い痛みがあるか?
    ・ひどく腫れていないか?
    ・変形していないか?
    ・骨が見えてしまっていないか?

     

    もし、傷口に砂などがついてしまっていたら、水できれいに流しましょう。
    出血があれば、傷口からの感染を防ぐためにも、清潔な包帯を巻きます。
    この時、包帯は強く巻き過ぎないように注意しましょう。 

    骨折した個所が後から腫れてくるので、タオルなどでくるんだ氷などで早めに冷やしておきましょう。

    折れた部分が動かないように、固定します。
    固定の仕方は、骨が折れた場所の上下の二つの関節が動かないように固定をします。
    添え木があればいいですが、ない場合には、傘、段ボール、新聞紙、雑誌などで代用します。

     

    骨折の場所が腕や肩の場合には、三角巾で腕をつるします。
    無い場合には、布状の物スカーフやネクタイなどで代用できます。


    指を切る


    まずは流水で患部を洗いましょう。

    血は流れますが、気にせずによく洗います。

    洗ったら、キレイなタオルやキッチンペーパーで患部を覆い、心臓より高い位置で
    指全体を約5分間ギュッと握ります。


    5分経ったら、開けて傷を見てみましょう。

    大抵の場合、これで止血されています。

    傷口を見て、絆創膏で良いのか?病院へ行ったほうがいいのか?判断しましょう。
    深い場合は縫われますが、医療用の絆創膏で止めるだけの場合もあります。

    指先の切り傷は、2日程度でくっつくものがほとんどです。


    止血


    血液が急速に30%以上出血すると、生命が危険な状態になります。

    正しく、止血しましょう!

    ①清潔なガーゼやハンカチなどを傷口に当てて、手で強く圧迫する。
    ②もし包帯があれば、ガーゼやハンカチの上から強く巻く。
    ③出血が止まらない場合は、両手で体重を乗せながら圧迫する。

    出血が多い場合は、なるべく早く病院受診をしましょう。

    注意!
    感染症の予防の為に、血液には直接触れないようにしましょう。
    処置後は、手洗い・うがいをしっかりしましょう。

    kazi

    自宅で火を出してしまった際、どうしよう!!!
    「通報」「初期消火」「避難」が原則。

     
    とわかっていても、できないので普段から、理解して、ご家族の方と
    しっかり共有しましょう。 
     

    いくつかのパターンをご紹介しますので、しっかり学びましょう。


    【火災の際の応急処置】の続きを読む

    このページのトップヘ